展覧会

〜すずめ草オープニングイベント〜

 

 すずめ草にいらっしゃい

 

 

国東半島の古びた漁師町に

ある家族が安芸の国から引越してきました。
お父さんとお母さんと小さな女の子の三人家族。
その家族は漁師町の古い大きなお家が

たいへん気に入りそこに住むことにしました。

お父さんの仕事は布をきれいに染める染物屋。

お母さんは鳥や花の絵が描いてある器を作ります。

小さな女の子は近くの浜辺で砂遊びをして楽しく暮らしています。


三人家族は古い大きな家に「すずめ草」と名付け

この家が明るく楽しい場所になるよう願いました。

そして夏の終わりにすずめ草で

小さなお祭りをしようと計画しました。


そのお祭りにはきれいな布と鳥や花の器がずらりと並び
森の音楽家や浜辺の珈琲屋さん、

湯けむり町のレストランとワインバー、

安芸の国から旅する音楽家とお菓子屋さんが
やってきてそれはそれはにぎやかなお祭りになるらしいのです。

 なんだか面白いことが起こりそう。

お話しの続きはこれから。
では夏の終わり、すずめ草にいらっしゃい。

 

 


日時/2015年

   9月11日(金)11時〜17時

             (この日は展示のみ)
     12日(土)11時〜19時30分

         <ライブ、フード、ドリンク、スイーツ等有り>
     13日(日)11時〜17時

場所/すずめ草
   〒872-1401
   大分県国東市国見町伊美2525-1

問合せ/tel:090-7500-0182
    mail:yotsume.co@gmail.com よつめ染布舎

出演
9月12日(土)
・音楽 baobab ※LIVE 18時〜19時
※フード・ドリンク等 17時〜19時30分
・珈琲 コトリ
・スイーツ you.ichi
・フード Ide'e食堂
・ワイン Pure Wine Bar ENFER

9月13日(日)
・音楽 奥野勝利




☆すずめ草とは
よつめ染布舎(染物)と岡美希(陶芸)の新しい工房兼住居。二人の作品を常時展示したギャラリーも併設。
2年前、国東半島芸術祭でヴェルナー・ペンツェルと茂木綾子の作品「集ういえ」として改築され多くの人が訪れた場所。築100年を越える古民家は以前は町の歯医者さんだった。
名前の由来は瓦に刻まれた家紋、片喰(カタバミ)からで別名をすずめ草という。

 

 

 

 

Blue lab. HIROSHIMA 2015

 

5月4日(月)  10:00〜18:00


場所/アリスガーデン 広島パルコとなり

 

 

 

大分に移る前の広島では最後のライブペインティングパフォーマンスです。

10時頃から描き始め17時辺り完成予定。

 

DRAGON76、石原悠一などライブペインティングやコンテンポラリーダンスなどカオスなイベントになりそうです。

保生堂BUILDING

 

cocoloya、you-ichi、アトリエyouone、よつめ染布舎

チエミサラ、城沖屋

 

4月27日(月)  11:00〜18:00
  28日(火)  11:00〜21:00
      日没から チエミサラによるキャンドルナト

          <you-ichiによるフィンガーフード有り>
  29日(水)  11:00〜17:00(わさまち同時開催)
      城沖屋によるテイクアウトフード

場所/旧保生堂医院跡地
〒731-2104 広島県山県郡北広島町大朝2437

 

 

 

美しい山間の里、大朝。かつて宿場町として栄えたこの町の商店街は時代の波にのまれ寂しい有様に...
かつての面影を残すこの商店街を復活させたい!そんな想いから始まったイベント第2弾!!『保生堂BUILDING』
もちろんこのくらいのイベントを続けるくらいで商店街が蘇るなどと簡単に考えてはいないけれど、傍観するより行動を!馬鹿なこと程情熱を持って楽しもう!と
勝手に熱くなっているcocoloya、you-ichi、よつめを中心に今回は新たなメンバー、ゲストを迎え6人で、
病院跡地の小さなビルを商業ビルに見立て三日間のみなれど本気でお店をやっちゃいます!

春の仕度

小野 豊一 染めもの展

 

2015年3月7日(土)〜22日(日)

11:00〜19:00 期間中休み(木)

作家在廊日 3/7(土)・3/15(日)・3/22(日)

 

場所 ギャラリー&カフェ草花舎
〒6993506

島根県益田市西平原町862-4

Tel : 0856-27-0592 

HP : http://www.soukasha.jp

 

 

 

展覧会では自然をモチーフにした柄や大胆な色使いの大判ストール、ポップな柄のバッグや風呂敷などが並びます。

型染の布は全て手作業で染められ、その風合いの良さや温かさが作品からじかに伝わってきます。

 

そして今回は特別に小さな企画も。

表面の柄「春を待つ」を和紙に染め、可愛らしい箱を作りました。

「春のたまてばこ」と名付け、中には北広島町のパティシエ、you.ichi(ユーイチ)による誂えのお菓子が入ります。春待ち顔のどんなお菓子が並んでいるのでしょうか。楽しみです。春の仕度、是非お出かけください。

陶のもよう、染のもよう

岡美希、小野豊一二人展

 

2015年2月13日(金)〜15日(日)

10:00〜17:00

 

場所 島田美術館ギャラリー
熊本県熊本市西区島崎4-5-28
Tel : 096-352-4597

HP : http://www.shimada-museum.net/index.html

 

熊本の島田美術館にて妻との2人展。

3日間とも夫婦で在廊いたします。

贈ろう、アート

 

2014年2月3日(火)〜8日(日)

11:00〜20:00

 

場所 galleryG
広島市中区上八丁堀4-1公開空地内
Tel : (082)211-3260

HP : http://www.gallery-g.jp/

 

gallery Gのグループ展に出展します。

布と紙と模様

小野豊一 染展

 

2014年12月1日〜21日

 

場所 cocoloya
広島県山県郡宮迫424-1
 

HP : http://cocoloya.blog.fc2.com/

Copyright © YOTSUME all rights reserved.